カウンセラーの私の仕事や日常を綴ったブログです。


by hgsbcfcixy
 新生児100人に1人の割合で生じるとされる脳の機能障害「自閉症スペクトラム」が、複数の遺伝子のコピーミスから起きる可能性があることが、英オックスフォード大などの研究で分かった。症状や問診をもとにしてきた診断法の改善につながる成果で、10日、英科学誌ネイチャー(電子版)に掲載された。【斎藤広子】

 自閉症スペクトラムは、他者とのコミュニケーションや社会性の発達に遅れが見られる。自閉症のほか、知的障害がなく特異な才能を発揮する「アスペルガー症候群」なども含み、症状の多様さから「スペクトラム(連続体)」と呼ばれる。

 チームはヨーロッパ人の患者996人と健康な1287人のゲノム(全遺伝情報)を比較。その結果、父と母から一つずつ受け継ぐべき遺伝子が一つ足りなかったり、三つになるコピーミスが、患者は健康な人より平均19%多く、健康な人ではめったに起きない遺伝子で起きていた。コピーミスは「コピー数多型(たけい)」と呼ばれ、健康な人では病気のかかりやすさや薬の効き方の個人差として表れる。チームは、鍵となる遺伝子の複数のコピーミスが発症につながるとみている。

 理化学研究所の古市貞一・分子神経形成研究チーム長は「自閉症スペクトラムは早期に診断されれば改善が期待できる。今回の成果は科学的診断法確立に向けた基本情報になる可能性がある」と話す。

【関連ニュース】
障害暫定改正法案:衆院委で可決…発達障害も対象に
ひきこもり:相談者の8割に精神疾患 厚労省まとめ
障害者支援:つなぎ法案、議員立法で今国会成立へ
障害者自立支援法:新法制定までの暫定改正法案可決
プラダー・ウィリー症候群:解説本が出版

荒井戦略相 事務所費問題 菅首相「進退問題に発展せず」(毎日新聞)
明大での「ザ・コーヴ」上映会中止(時事通信)
好立地の薬局確保、取引独占=高知の医薬品卸会社に警告―公取委(時事通信)
「ファシズム」など批判的投稿 県教委の賠償、減額が確定 最高裁(産経新聞)
小沢氏喚問など平行線=与野党(時事通信)
[PR]
# by hgsbcfcixy | 2010-06-16 15:28
 名古屋市中村区名駅の名鉄百貨店ヤング館前の待ち合わせスポットになっている巨大マネキン「ナナちゃん」(高さ6.1メートル)が5〜17日まで「エコ」をテーマに衣替えする。10月に名古屋市で開かれる生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)に向けて名古屋鉄道グループが企画した。

 緑の帽子とベルトには、バナナの葉から作った天然素材を活用。ミニスカートは、08年春に着用したワンピースをリサイクルした。

 愛知県や名古屋市はCOP10を盛り上げようとPRに躍起だが、市民の関心はいま一つ。地元のために一肌脱いだナナちゃん効果はさていかに?【工藤昭久】

【関連ニュース】
愛知高速交通:社員が8900万円着服…横領容疑で告訴へ
着服:愛知高速交通の元主幹を懲戒解雇
名古屋鉄道:副会長に河野氏 子会社社長から抜てき

米大統領と電話会談へ=菅新首相(時事通信)
<傷害容疑>女子高生の顔切りつける 22歳男逮捕 山形(毎日新聞)
「赤い靴」の女の子像完成…異人さんの国へ贈呈(読売新聞)
【50億キロの旅路 「はやぶさ」帰還へ】(下)挑戦の数々ほとんど達成(産経新聞)
「地元合意ない」「手順おかしい」=普天間で政府批判相次ぐ―民主(時事通信)
[PR]
# by hgsbcfcixy | 2010-06-07 16:16
 日本初の金星探査機「あかつき」など大小6基を搭載したH2Aロケット17号機が21日午前6時58分、鹿児島県・種子島宇宙センターから打ち上げられる。早稲田大と創価大、鹿児島大の小型衛星3基が地球周回軌道に投入された後、宇宙航空研究開発機構のあかつきと宇宙ヨット実証機「イカロス」、大学・高専連合の「UNITEC(ユニテック)―1」が金星へ向かう。
 あかつきは12月に金星周回軌道に到着。5種類のカメラで高速回転する分厚い大気を2年間観測する。約46億年前の太陽系誕生時には地球と双子のように似ていたはずの金星が、なぜ二酸化炭素による温暖化で灼熱(しゃくねつ)の星になったのか、謎の解明が期待される。 

【関連ニュース】
〔特集〕日本人宇宙飛行士の軌跡
〔写真特集〕金星探査機「あかつき」
〔写真特集〕国際宇宙ステーション
〔写真特集〕宇宙の神秘 コズミックフォト
有人宇宙船「日本はやらないの?」=鳩山首相、山崎さんに質問

「圧倒的ベストセラー」と皮肉=講習教本発行の交通安全協会(時事通信)
農相の「外遊先ゴルフ」を否定 官房長官(産経新聞)
首相動静(5月22日)(時事通信)
<高松刑務所>「在所証明書」を別の受刑者家族に誤送付(毎日新聞)
振興銀、4カ月の新規融資停止=金融庁が行政処分発表(時事通信)
[PR]
# by hgsbcfcixy | 2010-05-28 16:34
 赤松農相は18日の閣議後記者会見で、宮崎県側が口蹄疫の感染を見逃したことについて「いまは力を合わせて抑え込むのが最優先」と述べた。

 また、感染の拡大を許したことに関し、「結果的に10年前に比べて大きな数が出てしまったのは残念。(現場の人員配置など)うまく仕切りがされていなかったのは反省点としてある」とした。しかし、自民党などから辞任を求める声が出ていることについては「対応のしようがない。わたしがやってきたことは反省するところ、おわびするところはない」と語った。

「ただ風呂」入ろう…京大病院の患者用浴室に侵入(産経新聞)
「マネとモダン・パリ」展10万人突破(読売新聞)
5月末に「方向出したい」=鳩山首相、合意に触れず−普天間(時事通信)
普天間で首相と意見交換=鈴木宗氏(時事通信)
<もんじゅ>制御棒挿入操作にミス 試験を一時中断(毎日新聞)
[PR]
# by hgsbcfcixy | 2010-05-20 03:45
 塩の表示をルール化した「食用塩公正競争規約」が4月21日、完全施行された。これに伴って、「自然塩」「天然塩」「ミネラル豊富」「太古の塩」などの表示ができなくなった。誇大宣伝から消費者を守るのが狙いで、ルール順守に目を光らせる食用塩公正取引協議会(東京都港区)は「購入時にルールに合格した商品に付けられる『しお公正マーク』を確認し、賢い商品選択を」と呼びかけている。(太田浩信)

  [フォト]減塩しよう 適度な有酸素運動で体外排出を

 ◆何も変わらない

 食用塩の製造・販売は、平成9年に専売制が廃止されたことで参入業者が急増。さらに、製品表示や安全基準などが未整備のまま、14年に販売自由化されたことで競争が激化した。

 その結果、商品の中身はほとんど違わないのに「自然塩」や「ミネラル豊富」などの表示が氾濫(はんらん)し、「この塩を使えばミネラルがたくさん取れて健康に良い」「料理がおいしくなる」などの宣伝が横行。各地の消費相談窓口には「高い値段で購入したが何も変わらない」「だまされた」などの消費者からの苦情が相次ぎ、公正取引委員会や東京都などが改善勧告を出すまでに至った。

 こうした経緯を背景に、業界有志が16年から適正な表示ルールを定める公正競争規約の策定作業に着手。20年4月に公正取引委員会に認定告示され、2年間の猶予期間を経て今年4月に完全施行された。

 ◆違約金や除名も

 国内では天然に存在する岩塩は採れず、海水などを原料に塩を加工・製造する。このため、規約では「『自然』や『天然』の表示は使わない」と規定。「ミネラルを多く含む」との表現も不適切とした。塩の主成分の塩化ナトリウムはミネラルで、ミネラルが多いことは当然。ミネラルという言葉を使うとあたかも健康に良いという誤解を与えるからだ。このほか、成分や品質などの最上級を示す「最高」「最適」といった表現、「太古」や「古代」など合理的な根拠がない表示も使用を禁止。「無添加」の表示も具体的にどの添加物を使っていないかを明記することとした。

 また、日本農林規格(JAS)法に基づく必要表示(名称、原材料名、内容量、原産国名、製造者)以外に、濃縮▽結晶▽粉砕▽乾燥▽混合▽焼成−など製造工程の表示も義務化。商品がどのような過程でできたかを消費者が詳しく知ることが可能になった。

 同協議会に加盟する約150社における塩の国内出荷量は9割超。規約は自主ルールだが、違反表示があった場合には違約金や除名などの処分のほか、悪質な事例は公取委への通報なども辞さない構えだ。

 同協議会の尾方昇副会長は「塩の値段は製造や輸入の規模で決まる。味の違いは普通の人が分かるものではない。料理の達人のような人が味見をして、『少し違うんじゃないか』という程度」と指摘。そのうえで、「品質や味の差が小さく価格差が大きいことから誇大な表示になりがち。表示についての改善努力を重ねたい」と話している。

 ■塩の製造には届け出が必要

 国内で商品化されている食用塩の主な製造法は、海水をイオン交換膜、逆浸透膜を使って濃縮し、煮詰めたり蒸気過熱、噴霧乾燥などの方法で精製する。太陽光や風によって濃縮、結晶化する天日塩もある。また、外国から天日塩や採掘岩塩を輸入し、溶解や粉砕、洗浄、乾燥などの工程を経て製品化している例もある。

 地域おこしで塩の製造販売に乗り出す例も多く、国内には600近い事業者があるとみられる。塩の製造には塩事業法で財務省への届け出が必要。しかし、こうした法律すら知らない小規模、零細な事業者もいるという。

【関連記事】
悪玉油、表示義務付けへ 消費者庁
めんたいこのプロ育てます 全国初の検定実施
味の違いで発覚 「宍道湖産」と偽りシジミ販売
漢方薬「分かりやすさ」で拡大 若者狙い携帯型、通販も
消費者ホットライン、4カ月遅れで開始 改善点も山積

物置に女性遺体、遺棄容疑で前夫を逮捕(読売新聞)
首相動静(5月5日)(時事通信)
<放鳥トキ>巣にカラス侵入、卵捨てる ふ化厳しく(毎日新聞)
小児の「食物アレルギー」10年で2倍 花粉症の増加と関係アリ?(J-CASTニュース)
パロマ有罪「公正な判決に感謝」と涙の母(読売新聞)
[PR]
# by hgsbcfcixy | 2010-05-12 19:41